弁護士に相談でAll Right|弁護のことならプロお任せ

良い面だけじゃない

法律を知っておきましょう

スーツ

相続するというと難しく考えがちですが、民法という法律で「相続法」というのがあり、それによって守られていますし、相続税が発生しても従い支払い形いなります。 民法は度々改正されてきていますが、相続もそうです。 新民法の改正は昭和23年1月1日以降です。 相続というと難しく考えて法律の専門家弁護士に依頼したり、相談と思いますが、少し調べて考えてみましょう。 家や土地、預金などのプラスの財産もそうですが、マイナスの財産である借金なども相続に当たります。家の中の粗大ごみなどの遺品の整理も遺された相続人の義務になりますので、全てを出してから落ち着いて確認し、計算してみましょう。 亡くなられた方の配偶者は常に対象となり、いない場合は子供になります。

遺された遺族の今後の動き等

相続人となった方々は、遺された遺品や不動産、預金、借金がある場合などはそれらの整理もしなければなりません。 税金がかかる場合や、受け継ぐ方が多い場合など受け継ぐ物が多かった場合などは、専門家に依頼するのも良いでしょう。 依頼される場合は料金も発生しますので、自分でできる場合は、自分でしてみても良いです。家や土地、車や預金等は、名義変更をする、使用しない場合は売却という形になります。マイナスの財産が多い場合には、放棄されると思います。 財産よりは税金が多かった、借金の方が多かったなどになります。 プラスになりますと税金を納めなければなりませんが、この時には、金銭で納めるのが原則ですが、ない場合に物納が認められています。 争いも不安もないように円満な相続になると良いです。